自分の肌質に合ったスキンケアを

脂性肌と混合肌

脂性肌の場合、スキンケアのポイントになってくるのは、どうやって皮脂をコントロールするかにかかってくるでしょう。どうしてもメイクが崩れやすくなりますし、ニキビや肌荒れが出てきます。毛穴も目立ってしまううえ、テカリやべたつきは日常茶飯事です。

そこで、毛穴に対するスキンケアが重要であり、毛穴が開いていることを利用して、化粧水を浸透させていきます。パッティングが有効な手段となっていきますが、重要なのは油分を含んでいない化粧水を使うところにあるでしょう。これが肌の感触をはっきりと変えてくれるようになります。保湿も忘れずにおこなうことが重要です。管理がうまくいきはじめると、過剰分泌も収まってきます。

乾燥肌と脂性肌の両方の特徴を持ってしまっている混合肌は、カサつくのに毛穴が目立ったりする厄介な状況です。日本人には多くみられる状態ですが、状態を均一にするところから始めていかなければいけません。保湿は同じようにおこなっていきますが、部分ケアもしていくことで、コントロール下においていきます。美容液を使って皮脂をコントロールしていくことで、保湿の効果も高めながら、肌を均一の状態へと作り変えていくことが重要です。